その時々。

設計士・現場監督ブログ 2020.12.06

こんにちは、コロナのせいで年末の楽しみが中止になって悲しい気持ちの むたぐちです。

毎年恒例の餅つき大会が中止になりました。

仲良しファミリーがあつまって8年くらい続いたイベントが・・・

 

でも、今回の開催予定が我が家だったので

準備しなくてよくなってちょっと楽かも・・・と思ってしまう僕もいます(笑)。

 

さて、今回は季節もので

前回お庭の木々を選びにいきましたが

木々はいまの時期、紅葉を終えて葉を落としてしまう子が多いです。

お庭がさびしい時期かぁ~と思われる方も多いかと思います。

 

が、しかし

 

この時期に見頃を迎える子もいたりします。

「ツワブキ」

日陰でもけなげに育ちこのくらいの時期に黄色い花をつけてくれます。

花言葉も「謙譲」なんだかつつましい感じがしていいですね。

ちなみにフキなのでゆでで灰汁抜きすると食べられます。

漢方薬みたいにもなるらしいです。いざとなったら食べてみます。

 

日本の山々は良くできていて、いつもどこかで四季にあわせて主役になる木々や花があります。

そんな風景がお家にも、街中にも増えていくといいなぁ~と思ってしまいます。

 

 

花の写真を撮っていると我が家の「騒がしいお花」が近寄ってきました。

写真とってー!

撮った写真を見ることもなく走り去っていきました。

 

そんなお庭でスプーン作りをしていたら、

こぞうさんから

「パパ、お舟つくれる?」

 

船は、船大工さんが作るとても難しいものなんだよ。と答えると

「お風呂で遊ぶ船も大工さんがつくるんだ。」

 

ごめん・・・それなら大丈夫。

薪ストーブで燃やされるはずだった木に役目が生まれました。

端材と余っていたダボで、釘は使わずに。

 

当然、この日のお風呂は30分オーバーです。

10分くらいで出来たので、味をしめたこぞうさんは

「次は戦車だね。」

 

そのうちね・・・(笑)。

 

スプーンもまだ途中だし。

作っている途中のスプーンが3本あるし。

 

次回にスプーンが登場できるといいなと思います。