いい時間。いい仕事。

設計士・現場監督ブログ 2020.11.29

こんにちは、お庭の紅葉をたのしみながら

どの枝を剪定しようかと悩んでいる むたぐちです。

すっかり秋で、山の色の変化が密かな楽しみです。

 

さて今回はそんな秋をより身近に感じられるお仕事へ

阿蘇の山へお庭の木々を探しに行きましょう!

と、お誘いしてお客様と一緒に山中へ

今回はアオダモとドウダンツツジをメインに探しまわりました。

「アオダモ」

野球好きな方は知っているかもですが

バットになる木です。

やさしい木肌、ゆっくりな成長、きれいな葉、お庭に是非植えたい子です。

 

「ドウダンツツジ」

小さな白い花、きれいな紅葉、冬に葉を落とすまで年中目を楽しませてくれる子です。

 

アオダモさんはタイミングが良く、たくさんいてくれました。

 

たくさん生えているからこそどの子がいいのか迷ってしまうところですが、

植え込む場所や窓からの見え方などである程度おすすめをお伝えして、

そのあとは直感で選んでいただきます!

あれかなぁ~、これかなぁ~。

なかなか人生で「木」を選ぶことは少ないかもしれませんが、

お庭の木々はおうち時間を共にする家族みたいなものだと僕は思っています。

そう考えると、どの子がいいかしっかり考えること、成長やお手入れのことを覚えることも

楽しくなりそうです。

 

さて木々選び

大人は楽しいけど・・・

 

子供達はというと

たんぽぽの綿毛飛ばし

どんぐり天国やフカフカ落ち葉でちょっと転んだりしながらですが

山の中は楽しいことだらけです。

 

こんな環境がお庭にあれば家がもっと好きになりそうです。

紅葉のベストシーズンは少し過ぎてしまいましたが

山の中は一年中見どころがあります。

 

こんな並木道いいと思いません?

仕事中にこの時間。

帰り道、いい景色。

*写真は是非一緒に行きたいと志願してきた若手が撮っています。

 

仕事ですが趣味のような癒される時間でした。

 

 

木々選びの最中、葉を落としきった木を横に

木肌と樹形だけを見てこれはなんの木だよと若手スタッフへ話している様子を

お庭屋さんがみて、

「ちょっと上級者というかヘンタイですね。」

と最大の誉め言葉を頂きました(笑)。