あかるく照らしましょう。

設計士・現場監督ブログ 2020.05.31

こんにちは、設計・・・なんでも趣味にしてしまう むたぐちです。

いい感じの家具やかっこいい物に出会うと、まず作れるかな?と考えてしまう病気にかかっています。

前回の車色塗り後、コンビニ、お店の駐車場で声をかけられることが度々。

どこのお店で買ったのでしょうか? この色何色ですか?  などなど、びっくりです。

自分で塗ったんですというと、相手もびっくり、ぜんぜん知らない人とお話しするのもいいものです。

 

さて今回は、趣味と仕事半々です。

照明というとイメージするものは人それぞれだと思います。

僕はペンダントライトが好きです。

ダウンライトですっきりもいいなぁと思うのですが、ちょこんと吊り下がっている感じと

夜のその辺だけ明るくする感じが好きなんです。

 

フタガミの真鍮のペンダントなどは5時間ぐらい眺めていられる気がします。

 

裸電球のペンダント好きです。

無駄のない感じ、工業製品の武骨な感じ、たまりません。

 

でも、イイ感じのペンダントライトはそこそこのお値段。

そして、上に書いた病気が発症するのです。

よし、作ってみよう!

 

使う道具

電工ペンチ ないときはペンチで十分です

+ドライバー

 

材料

モーガルソケット                  200円くらい

コード(ツイストコードが好きです)         1mで400円くらい

シーリング用プラグ(取付する器具に合わせてください)200円くらい

圧着端子                      50個くらいで400円くらい

 

道具、材料はみんなの味方 ハンズマンでコード以外は揃えられます。

ツイストコードはネット販売じゃないと見つからないかもしれません、すごく安いのみつけたーと思ったら

送料が1万円とかもあったので注意してください(笑)

あとはコードを切って、配線をむいて、端子をつけて、ドライバーで締めると

こうなります。

材料代で一つあたり600円くらい。

電球はLEDで、1300円くらいでした。

 

悪くない出来だ。 

と思っていると

 

孫と遊ぶためにきた母親から

 

「イカ釣り漁船みたい。」

 

 

・・・人の感性はそれぞれだ。