あ、おひさしぶりです。

保育士ブログ 2018.04.09

一度だけ登場し、その後はひっそり可愛がっておりました。

 

我が家のアイドルです。

ネザーランドドワーフのぺーさん(♀)です。

 

 

 

以前も書きましたが、このうさぎさんは最も小型な種類です。

非常に人に慣れやすい性格をしていて、

抱っこやなでるといったスキンシップも嫌がらず、

時には自分から甘えてくるんです(WEB調べ)

 

 

 

初めはお互いよそよそしく絡みながらも、

リラックスすると近くでウトウトしてくれるぺーさん。

 

 

 

撫でられるとご満悦のぺーさん。

 

 

 

爪切りはフル無視のぺーさん。

 

 

 

どれも可愛い。愛おしい。

本当にアイドル。もはや天使。

 

というくらいデレデレに可愛がっていました。

 

 

あっという間に1歳になったぺーさん。

 

もう立派なオトナうさぎなので、

そろそろ病院以外のお外にも行ってみよう!ということで

家の近くの公園で一緒にご飯タイムにしました。

 

 

 

そんな最新のぺーさんがこちら。

 

 

 

 

 

・・・・、・・・え、

 

いや・・・、デカクナイ?(困惑)

これもう普通のウサギジャナイ???(混乱)

 

 

そうなんです。

 

ネザーランドドワーフは大きくなっても、

1キロ程度にしかならない(WEB調べ)のですが

病院に行って計ってもらうと、

「今1.8キロです^^」と言われました。笑

 

 

また、ネザーランドの特徴としては「小さい耳」

というのもあるらしいのですが、

ここで、もう一度見てみて下さい。

 

我が家の天使は耳がシャキーンです。

 

もう、それはそれは・・・シャキーーン!です。

 

 

 

どうやら純血ネザーランドさんではなかったようです。笑

 

 

冒頭で、

<非常に人に慣れやすい性格をしていて、

抱っこやなでるといったスキンシップも嫌がらず、

時には自分から甘えてくるんです(WEB調べ)>

と書きましたが、

 

ぺーさんは成長するにつれて、

抱っこは完全拒絶、

ゲージから出すと走り回って止まらない、

気が向かないと撫でさせてくれなくなりました。

完全なじゃじゃ馬ラビットです。

 

 

だけど、結局、そんな所もまた可愛いのです。

じゃじゃ馬ラビット天使です。

 

次はちゃんとしたお散歩なんかにも

チャレンジしてみたいです。

 

保育士 中川